It’s rainy? It rains?【be動詞と一般動詞はちがうよ!】

It’s rainy? It rains?【be動詞と一般動詞はちがうよ!】

雨の日が多いですよね

まさに梅雨でございます

「恵の雨」とも言いますし、

雨をいやがってばかりもいられない

このごろでしょうか❓

 

ちなみにわたくしは雨、

そんなにきらいではございません!

あまのじゃくだから⁉でしょうか❓

さすがにこう雨が何日も続くと

じめじめして

ちょっとこたえますが。。。 (/o\)

 

本日のテーマは【be動詞と一般動詞のちがい】です

英語のおはなしです

しばしおつきあいくださいませ  m(__)m

基本中の基本ではございますが、

ベリー×2  インポータント❕

そもそも日本語では動詞を二種類に大別しませんので、

そこが理解を妨げているのやもしれません。。。

 

<英語の動詞は、be動詞と一般動詞の2種類だけ>

★be動詞はam, is, are, was, wereの5つ

状態、存在、性質などを表し

主語と後ろの語句を=(イコール)で結ぶはたらきをします。

意味は「~です、いる、ある」

「~でした、いた、あった」等

★一般動詞は、be動詞以外の動詞のこと

主に動作をあらわす動詞です

(例)study「勉強する」, speak「話す」, use「使う」等ひじょうに沢山ある

※したがって、be動詞と一般動詞は基本一緒に使いませんが、

①進行形〔be動詞+一般動詞ing〕

②受動態〔be動詞+一般動詞の過去分詞形〕

などでは同時に使用しますよね

 

特に中学1年生の方はしっかーりと理解して、

身につけていただきたいです!

「ここをとり違えると後が大変よっ  (# ゚Д゚)ノ」

ってよく言いますけど、

『本当』ですから❕

 

*ところでタイトルの「rain」の表現ですが、

It’s rainy.「雨が降っている」(be動詞使用)

It rains.「雨が降る」(一般動詞使用)の意味。

ネイティブスピーカーの方からすると、

「ニュアンスがちがう!」

と言われてしまうかもしれませんが、

頭でっかちな日本人の、

文法的な堅いお話し  ということで

ご勘弁を❕   (˘ω˘)