【格助詞の覚え方】 鬼が部屋の戸から出より‽

【格助詞の覚え方】 鬼が部屋の戸から出より‽


中学2・3年生の生徒さんが国語の文法で学習する、

「助詞」についてのお話でございます

 

助詞は付属語

(それだけでは文節をつくることができない単語、

他の単語・主に自立語に付いてはじめて意味を成す語)

ですので、少し理解しずらいですよね

 

ですが助詞のうち「格助詞」には救世主となる、

キラーフレーズがございます!

これだけで格助詞全部(10コ全部)が意のままです

 

【鬼が 部屋の 戸から 出より】

を に が へ や の と から で より

 

※「へ」・・・例  深谷駅行く

格助詞はこれで全10種類ですので、完全制覇ということになります❕

 

ちなみに接続語のはたらきをするのが「接続助詞」

文や文節の終わりにつくのが「終助詞」ですね

 

さらに 〖私は〗というときの「は」

もちろん 格助詞ではなくて

さまざまな意味をつけ加える副助詞」

(題目<だいもく>の副助詞)ですよね

 

便利な道具・ツールのように

使えるものは 使った方がいい

と わたくしは思っております

 

意外と点数が伸びない方ほど

このような覚え方をないがしろにする

傾向があるように感じます

 

点数が伸びる方は合理的で素直な方が多いので

覚え方を取り入れてくださいますよね

もちろんご自身で覚え方を発明するのが一番ですが