蜘蛛の糸

蜘蛛の糸

 


クモがまたいつの間にか巣をつくっているし。。。

という話題ではございませんよ❕  (ーー;)

そうでございます

芥川龍之介氏の作品でございます

小学6年生の国語の教科書で作品名が紹介され、

中学1年生の国語教科書では実際に文章が掲載され

学習題材となっております!

 

大変有名な作品ですが、内容を少し。

【ある日、お釈迦さまは極楽の蓮池のほとりを散歩していた。

はるか下には地獄があり、罪人たちが苦しんでいる中に犍陀多(かんだた)という男が血の池でもがいているのが見える。

 

犍陀多は生前、殺人や放火など、多くの凶悪な罪を犯した大泥棒であった。

しかし過去に一度だけ善行を成したことがあった。

それは林で小さな蜘蛛を踏み殺しかけて止め、

命を助けたことだった。

 

それを思い出したお釈迦さまは、

彼を地獄から救い出してやろうと、

一本の蜘蛛の糸を

カンダタめがけて下ろしたのであった・・・】

 

そしてわたくしが気になりましたことを少し。

❶芥川龍之介は、「夏目漱石」の弟子だった

❷絵の才能もあり、また河童を好んで描いた

❸学生時代からの親友、菊池寛(小説家)らが、

芥川の業績を称賛して「芥川賞」を設立。

日本で最も有名な文学賞として、現在でも続いている

 

ところで「カンダタ」といえば、有名なキャラクターを思い出します!

蜘蛛の糸が元になっているのかなと思いますが

また余計な話題が出てしまいました。。。(ーー;)