【超絶】松尾芭蕉

【超絶】松尾芭蕉

「月日は百代の過客にして、

行きかふ年もまた旅人なり・・・」

みなさまご存知かと思いますが

こちらの文章、素晴らしいと思うのは

わたくしだけでしょうか❓

 

中3生の国語の教科書に掲載されております

松尾芭蕉は俳句が主に専門ですが

文章も素晴らしいですよね

1689年の春、なんと46歳で『おくのほそ道(紀行文)』の長旅へ

(東北・北陸地方への旅)

たくさんの名作を残されていますが

わたくしがいちばん好きなのはなぜか、

「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる」

という芭蕉さんさいごの一句でございます

 

なぜここで松尾芭蕉かといいますと

わたくしが芭蕉さんの大ファンだからです❕  (>_<)/

というのもありますが

中3生は「おくのほそ道」の

『旅立ち』『平泉』『立石寺』

多くの芭蕉さんの俳句を学習しますし、

また最近「じょんのび日本遺産」というテレビ番組に

『閑さや  岩にしみ入る  蝉の声』という俳句の

詠まれたであろう場所が紹介されましたし、

なんでも鑑定団(再放送)に直筆本物の書簡(手紙)が

×××万円で登場しておりましたので。。。

たいへんおどろきまして❕    (゚Д゚;)